八ヶ岳、小淵沢に住む山岳ガイド、加藤美樹・久野弘龍が、ヨーロッパ・シャモニやドロミテ、国内の雪山、冬山、バックカントリースキー、夏山、登山・クライミング教室、ガイドを行っています。

 山岳ガイド ミキヤツ登山教室 雪山登山ステップアップ       

  メール・お問い合わせはこちら  mikiyatsu2008@gmail.com    
トップページ
募集コース
web登山教室
山行報告
ガイドについて
ガイドの紹介
メール・問い合わせ



雪山が始めての方にお勧めのコース
赤岳縦走と氷雪アイゼン講習 
 少し体力が必要ですが、自身のある方はこのコースからスタートしてみましょう。
 一日目に行うアイゼン講習の内容 → アイゼン講習 雪山歩行技術


 ステップ1 雪山初心者はここでしっかりと技術を身につけましょう

赤岳縦走と氷雪アイゼン講習     山行報告
 アイゼンワークと雪山の基本技術をここでしっかりと身につけましょう。
 定員2名の少人数制で行います。(ただし、一日目の講習時は最大4名で行います)

 
 ステップ2 本格的な雪山はここからスタート。技術をさらに高めるコースです。次のステップへとばすことも可能です。

・モンブラン 
 コンディション次第ですが、良ければこれより易しいでしょう。でも、高度と長さは大変です。天候の判断も重要です。

阿弥陀岳北稜と大同心稜〜横岳   
 赤岳を経験者は、次はこのクラスを経験しましょう。
 雪山での経験を積む時期です。一日目は阿弥陀岳北稜を、二日目は大同心稜から横岳を往復します。
 どちらのコースもバリエーションルート入門のコースで、これがホンモノの雪山です。

剣岳・別山尾根   山行記録
 夏よりも登りやすくはなりますが、雪山技術、経験が必要という点では選ばれた人のみが登れる山です。


 ステップ3 岩と雪がミックスし、登攀要素が強くなります。 また、アイスクライミングなど技術も細分化してきます。

赤岳主稜とアイスクライミング(裏同心ルンゼなど)   山行報告
 岩登りと急傾斜での雪面登高。アイスクライミングでは効果的な前爪の使用法を練習します

西穂高岳登頂    山行報告
 確実なアイゼン歩行技術、強い寒気と風から身を守る、雪山での基本技術が要求されます。

石尊稜とアイスクライミング(大同心大滝など)   山行報告
 雪稜、雪壁の登攀。下部の岩壁ではアックス(ピッケル)を打ち込んで手掛かりとする方法を身につけます。

三叉峰ルンゼ
 八ヶ岳の中では比較的むずかしめのアイスルート。コンディションがつかみにくく、登れることは稀です。

剱岳 源治郎尾根   山行報告1 
 長く急な雪の斜面、細い雪稜、大きな標高差、懸垂下降など、脱・雪山一般ルート的な登山です

白馬岳主稜   山行報告
 長く、標高差の大きな雪稜ルート。技術だけでなく、行動中の水分やエネルギー補給をいかに効率よく行うかがカギです。

新雪の北穂東稜  山行報告  
 晩秋の新雪期は雪が少なく、岩が露出している分だけ、難しく、充実したクライミングを楽しむことができます。

・ミディ・プラン縦走  
 雪稜と雪壁、懸垂下降など。最後は岩塔へ登って終了。ではなく、そこからの氷河の下降が核心。

・タキュルトライアングル・シェリークーロアール  
 快適なマルチピッチアイス。


 ステップ4 これまでの経験が問われます。 ステップ3の経験が必要です。

裏同心ルンゼ〜小同心  山行報告
 アイスルートである裏同心ルンゼをアプローチにして、小同心で岩登りを行います。
 小同心はピッチ数は少なくとも、そのアプローチと傾斜を考えればかなりの登り応えがあります。

中山尾根とアイスクライミング(大同心大滝など)   
 赤岳主稜を難しくしたルート。

尾白川マルチピッチアイス   山行報告1  山行報告2
 140bのマルチピッチアイスと静寂のアイス

前穂北尾根(残雪期)   
 無雪期と違い、雪が付いて登りやすいこともありますが、3峰付近の核心部も含めて、中途半端だと難しくなります。

・マッターホルン・ヘルンリ稜 
 コンディション次第ですが、この辺り。ただし要スピードです。

・シャルドネ・ノースバットレス 6月・7月に行う予定
 驚くべき事に、多くのクライマーがヨーロッパで最も楽しいミックスルートだと言っているそうですが、ホントです。オススメ。

・ドーレ縦走 
 ちょっとアプローチが遠いですが、オススメ岩稜、ミックスルート。

 ステップ5 このクラスになれば普段のトレーニングが必要でしょう。 ステップ4以上の経験が必要です

阿弥陀岳北西稜と赤岳南峰リッジ    山行報告
 雪山の総合力が試されます。アイスクライミングの技術であるダブルアックスを活用したミックスクライミングです。

穂高岳コブ尾根   山行報告
 雪壁、雪稜、懸垂下降、クライムダウン、岩登り、全てが要求されて、しかも長い行動となります。

・エギーユベルト・クーチェリエクーロアール 6月・7月に行う予定
 標高差900bの氷雪壁。技術面より素早い行動が必要。下降は懸垂下降50〜60メートル・フルレングスの15ピッチは辛いので、クライムダウン技術も必要。

 ステップ6 登山、クライミング技術の総合力が要求されます。 ステップ5の経験が必要です。

裏同心ルンゼ〜大同心北西稜   山行報告
 八ヶ岳西面の中で最も難しく、長いルート。総合力が必要です。

剱岳 八ッ峰(上半から本峰)   山行報告
 雪壁、ナイフリッジ、クライムダウンなど、アックスを駆使した登高が続き、雪上での懸垂下降の支点構築も要求されます。

荒船山・昇天の氷柱    山行報告
 4ピッチのマルチピッチアイスですが、ミックス要素が強く、かなり手強いルートです。
 氷が「少ない」場合には、ステップ7です。

・ミディ・フレンド稜  6・7月に行います。
 コンディション次第ですが楽しめます。日本的な登り方ではこの長さでは通用しません。登山靴でのクライミング技術も必要です。

 ステップ7 高度なクライミング技術が必要です。夏はフリークライミング、冬はバリエーションルートに通う方のみの世界 

・西穂・奥穂縦走(年末・年始、3月) 依頼があれば行います
 岩と雪のミックス技術が要求される、登攀要素の高い縦走です。
 
・シャモニ針峰群縦走 7月に行う予定
 コンディション次第ですが、良い目標になります。町に最も近いビッグルートなので、降りてからのビールは最高でしょう!

・クルト・北壁 4月に行います
 標高差900bのアルパインアイスが楽しめます。

・タキュル東壁・ジェルバズッチピラー 7月に行います
 見栄えのする良いルート。頑張って目標にしましょう。

・グランドジョラス北壁・ウォーカー稜
 コンディション次第ですが、ガイド山行ならワンデイです。岩が安定しませんが、良い目標になるでしょう。
 


 

戻る
戻る


山岳ガイド ミキヤツ登山教室は、夏山、冬山ともに国内では八ヶ岳、穂高・槍ヶ岳、剣岳、北岳、小川山、瑞牆山など、海外ではヨーロッパのシャモニ、ドロミテで山岳ガイド、登山教室、雪
山教室、クライミング教室を行っています