八ヶ岳、小淵沢に住む山岳ガイド、加藤美樹・久野弘龍が、ヨーロッパ・シャモニやドロミテ、国内の雪山、冬山、バックカントリースキー、夏山、登山・クライミング教室、ガイドを行っています。

 八ヶ岳 赤岳登頂と初級雪山講習 山岳ガイド ミキヤツ登山教室    山行報告

 
メール・お問い合わせはこちら  mikiyatsu2008@gmail.com
トップページ
募集コース
web登山教室
山行報告
ガイドについて
ガイドの紹介
メール・問い合わせ
コース・行程
1日目:小淵沢集合〜美濃戸〜赤岳鉱泉 到着後氷雪講習を行います
2日目:赤岳鉱泉〜地蔵尾根〜赤岳〜文三郎道〜行者小屋〜美濃戸〜小淵沢解散

 氷雪講習の内容    山行報告はこちら


 私たちの行う雪山講習は真の雪山技術を身に着けていただくために、現場で通用する技術をお伝えします。教科書的技術ではなく、机上の空論になりがちな滑落停止などの事後の技術より歩行技術を重視しています。
 雪山技術をしっかりと身に着けたい方はご検討ください。
 
 雪山は皆さんが思っているとおり、多くのリスクがあります。
 しかし、それらに正しく向き合って一つずつ対処、行動していけば事故は防ぐことができます。逆に言えば事故が起きているのはそれらを怠ったか、向き合わなかった結果、効果の薄い技術や知識習得に時間を使ってしまったからともいえます。

 しかし雪山は皆さんが思っている以上に、素敵な場所です。
 夏山よりも遥かに自然を感じ、美しさを知ることができ、そしてなによりも頑張る自分を感じることができる楽しい場所です。
 家族の同意が得られるのであれば、ぜひこの世界にお越しください。




 以下はこの雪山講習の狙いです。


 滑落対策=転ばない歩行技術

 滑落停止技術は現場ではほとんど役に立ちません。
 なぜなら、雪山は地形が複雑で均一、平坦な斜面は意外に少なく、凹凸や岩があるため、滑落すると跳ねたり、転がったりするため岩に激突するか、何もできずに落ちて行くというのが実際の現場です。
 これは雪山を本当に多く登ってきた者であるほど知っている事実であり、滑落停止技術で助かった人は殆んどいないことでもわかることです。
 ですから私たちの行う雪山講習では、このような事実を踏まえて、「机上の空論的な滑落停止技術」よりも「現実的な危機回避である歩行技術」を重視して行います。


 転ばない歩行技術を基にアイゼンを使おう

 私たちが行う雪山講習で伝えたいのはアイゼンの使い方だけではなく、正しい歩行技術を基にアイゼンを駆使して雪山で行動する技術です。
 では正しい歩行技術とは何か。
 詳しくはこちらの歩行技術を見ていただくとわかるのですが、歩く際に重心を左右の軸(右足と左足)に正確に移動させる動きこそが「転ばない歩行技術」であると言えます。この歩行技術を妨げない範囲でアイゼンを駆使することで、雪山で滑落しにくいアイゼンワーク・歩行技術が成り立ちます。

 しかしこの歩行技術を無視し、フラットフッティングなどアイゼンの使い方のみが従来から伝えられてきました。
 いまでもそれらが当然のように伝えられててきていますが、間違っています。
 私たちの行う雪上講習では歩行技術を説明、練習しながらそれに合わせてアイゼンを駆使する方法をお伝えします。


 それでも滑落停止技術を学ぶことを捨てられない方へ

 滑落停止技術が成功するには30メートル以上の綺麗な斜面が必要です。
 だから滑落停止の練習は富士山やスキー場などのキレイな斜面で皆が練習するのです。
 つまり、ある限られた条件でしか成り立たないうえに、生死を分けるパニック状態でこれを成功させることは、どれだけ練習を積んでもかなり確率の低い技術であるといわざるを得ません。
 モチロンそれでも練習をするのは無駄ではありませんが、多くの時間を割くのは、効率が悪いと言えます。

 つまり、滑落停止技術は雪山に入るにあたって習得する技術としては優先順位を下げたほうが雪山での安全を図る効率が良くなります。
 自動車教習所では運転技術を練習するのに特化して、事故時の救助、脱出技術やファーストエイド技術を行ないませんが、もし自動車教習所が事故後の対策を先に行うのであれば、それはかなり間違った考えです。
 言い過ぎかもしれませんが、雪山講習会、雪上講習で滑落停止技術を優先して行うのと同じと言えます。

 私たちはそんな滑落停止技術よりも、もっと伝えて行かないといけない技術を知っています。先に伝えて行かないといけない技術があるからこそ滑落停止の優先順位を下げざるを得ません。逆の場合は伝えることが無いからでしょう。


 ※滑落停止技術をしっかりと、学びたい方は好条件で練習ができる4月に行うのでご検討ください。


 その他のリスク対策

 雪山では他に、雪崩、低体温症、凍傷などのリスクがあります。
 しかし、モチロン一般の登山でも起こり得るリスクではありますが、これらは無理な行動を含めて、山スキーや冬季クライミングの一部分の事故であると言えます。
 これらのリスクを減らすには知識だけではダメで、「知識を行動にいかに活かすか」という必要があります。どれだけ学んだかとか知識があるかというよりも、それらを判断につかう登山者の意識次第とも言えます。

 雪崩対策として埋没者の捜索訓練をしても雪崩を避けることはできません。また、雪崩のメカニズムを知ったとしても、それを無視した行動、勘違いした判断をすれば雪崩を避けることはできません。凍傷、低体温症も同じです。
 私たちの行う二日間のこの講習では、登山者の意識はどのようにあるべきかという事をお伝えします。

 雪崩対策としては埋没者捜索を行う方がいますが、雪崩を避けるという意味では効果はなく、雪崩対策全般としてみても効果が薄いと言えます。
 凍傷対策は雪山での生活技術、つまり正しい装備、行動、リスク管理ができていればかなり防ぐことができ、低体温対策もこれらに体力アップを計ればかなり防ぐことができます。
 いずれにせよ、私たちの講習会ではこれらの登山者の意識改革を含めて、登山者の意識のあり方を皆で考えていきたいと思っています。
内容 
 八ヶ岳の盟主・赤岳。
 この山は夏は鎖が張り巡らされ、そして小屋が多くあることから「簡単な山」というイメージがありますが、冬はそれが一変します。
 冬山特有の雪、氷、凍った岩など山の環境は他の高峰に比べ何らかわりはありません。
 しかも八ヶ岳は風が強く、気温も低いため冬山としてはかなり楽しめる?山です。


 地蔵尾根




 一日目は赤岳の登頂を目指すため、雪山の初級訓練を行います。

 <アイゼン歩行・ピッケル技術>
 内容はまずはアイゼン訓練で転ばない、滑らない技術を学びます。
 この練習は硬い氷の斜面で練習しますが、雪上でのアイゼン歩行訓練に比べ氷上ではごまかしは利きません。
 確実にアイゼンの爪を利かせることが出来なければ氷の上を歩いたり登下降することはできません。
 日本では雪上訓練=滑落停止訓練ですが、このような歩行訓練の方が重要で役に立ちます。
 また、アイゼン訓練と平行し、ピッケルの使用法、初期制動の訓練もします。

 ピッケルの正しい使用法というのも、雪上訓練ではあまりに取り入れられていませんでした。
 しかし、ピッケルを積極的に使用できれば、より安全に、いろいろな山、コースで役立つでしょう。

 初期制動という言葉も聞き慣れませんが、要は転んだ瞬間に滑落しないのようにしようという技術です。
 滑落停止技術は、まるで雪山において免罪符のようにいわれてきた技術ですが、それは滑落した時に、しかも成功するのはかなり低い確率となる技術です。

 雪山では、滑落しないことこそ大事な技術です。それこそが、確実なアイゼン歩行技術であり、初期制動なのです。

 <危急時のビバーク>
 山でのトラブルがあった時、想定外のビバークをするべき時があります。
 そんなときのために練習をしておきましょう。
 いざというときに、必ず役に立つはずですし、雪山へはいるのであれば必ず知っておくべき内容です。

 <雪崩、落石の対応>
 雪山の危険は、実際の自分の行動だけでなく、雪崩や落石などの外的な危険が大きくなってきます。
 それらに対応するためにはそのメカニズムを知った上で、どういった回避行動をとるかが重要になってきます。
 もちろん、これらの危険に巻き込まれた時の対応も重要です。
 これらも勉強してみましょう。

 一日目の練習はおよそ4時間を予定しています。

 なんだか大変そうに思うかもしれませんが、楽しみながら遊び半分でやってみましょう
 。きっとその方がうまくいくはずです。



 2日目の早朝、赤岳を目指し出発します。
 地蔵尾根の上部は雪壁や雪稜、岩稜が出てきて、冬季はなかなか手強いルートになります。
 赤岳のへ登りは雪稜から岩混じりの雪壁。文三郎道の下降も雪壁トラバース、岩稜帯の下降があります。

 危険を考えロープによって常に確保し、トレースを外したりしながら登ります。
 安全を高いレベルで確保することで、実際の山の中で思い切った動きができれば、次の山行に繋がります。
 そのための定員2名です。
 

 
 毎シーズン参加される方の半分ほどが雪山が初めてで、お一人の参加です。
 お気軽にご連絡下さい。

 日本の山は1年の半分、つまり12月〜5月までが雪のシーズンであり、3000メートルクラスの山なら夏山より遙かに長いシーズンです。
 また、海外の山を考えれば、1年中が雪のシーズンです。
 雪の北岳、穂高岳、槍ヶ岳も、更にはモンブラン、マッターホルンも全ては赤岳に登ることから始まります。
 さあ、山を楽しみましょう。
 
 ※担当するガイドは加藤、久野、種村いずれになるかは未定です。
  (ミキヤツ登山教室内で行う限り、いずれのガイドであっても、講習内容に差はありません) ・・・ ガイド紹介

 ※参加の体力の目安ですが、夏の横岳〜赤岳縦走程度を難なくこなせる体力、経験が必要です。
費用・集合
費用:お一人4万2千円 +宿泊費+ガイド経費(宿泊費・交通費の頭割り分3〜4千円ほど) 

経費につきましては赤岳鉱泉の宿泊料が、9000円+1000円から2000円の個室料(他は大変寒い部屋になります)で、 ご自身の宿泊費のみで一万円です。この他にも駐車場代や、アイゼンワークの練習をする人工アイスの使用料金などが掛かってきますので、頭割り分の3〜4千円となりますことをご了承ください。
経費が出来るだけ安くなるよう、基本的には2ガイドに対し4名の方で頭割りできるように、日程を組んでいます。

集合・時間 小淵沢駅:9:00 美濃戸口9:30 都合が悪い時はご相談ください。調整します。
装備 ○・・・必ず必要 △・・・あれば便利

◎冬山用登山靴 
 ※冬季用、もしくはオールシーズン用。
 ※革で防水性があってもスリーシーズン用は不可です。
 ※スリーシーズンの靴でおこしいただいた場合はその方のみ山行をお断りします(この場合でも正規のガイド料金をいただきます)。
 ※新しく購入される方は、冬季の3000b(2重靴でない方が良いです)で使用できるモノをオススメします。
 ※ワンタッチアイゼンを付けられる、前後にコバのある冬季用の靴がオススメです。
○上下の冬用ヤッケ(ゴアの雨具も可ですが、できる限り冬山用ジャケットが良いです。)
◎冬用の化繊もしくはウールの下着上下(タイツ)
○ウールのシャツもしくは薄手のフリース(中間着として)
○ウールのズボンもしくは薄手のフリースのズボン
○フリースかセーター(防寒用)
○ウールか化繊の靴下×2
○オーバーグローブ
○予備のグローブ(メインのグローブと同等程度が望ましいです)
○フリースか毛の手袋
○ロングスパッツ(オーバーパンツにインナースパッツが付いていても必ず必要)
○目出帽 (帽子とネックウォーマーとの組み合わせは不可)
○サングラス(眩しい時に使用しますが、ゴーグルでは不可です)
○ゴーグル(スキー用でも構いません。)
○ヘッドランプ(手で持つタイプは不可です)
△ヘルメット(1日目のアイゼンワーク講習時に必要です。レンタルも有りますが、フィッテングの良いご自身のものがあれば)

○アイゼン(10本爪以上) (レンタルあり) 新たに購入される方は12本爪にしてください。 
 ※必ずアンチスノープレートを着けてきてください。
○ピッケル (レンタルあり)
○ハーネス (レンタルあり)

○行動食(行動中にも気軽に口に運べるもの)
○水筒(テルモス)
△薬品類

△ストック
△薄手の手袋
△耳当て(バンド状のもの目出帽だと暑いとき)
△お酒?(飲み過ぎないようにしてください)
○健康保険証のコピー

 




トップへ
トップへ
戻る
戻る


山岳ガイド ミキヤツ登山教室は、夏山、冬山ともに国内では八ヶ岳、穂高・槍ヶ岳、剣岳、北岳、小川山、瑞牆山など、海外ではヨーロッパのシャモニ、ドロミテで山岳ガイド、登山教室、雪山教室、クライミング教室を行って
います