八ヶ岳、小淵沢に住む山岳ガイド、加藤美樹・久野弘龍が、ヨーロッパ・シャモニやドロミテ、国内の雪山、冬山、バックカントリースキー、夏山、登山・クライミング教室、ガイドを行っています。

 御在所岳 マルチピッチアイスとミックスクライミング 山岳ガイド・ミキヤツ登山教室   

 メール・お問い合わせはこちら  mikiyatsu2008@gmail.com   
トップページ
募集コース
web登山教室
山行報告
ガイドについて
ガイドの紹介
メール・問い合わせ
コース・行程
1日目:名古屋駅集合〜裏道登山道〜藤内小屋 到着後マルチピッチアイス (αルンゼ、マイナスの滝〜2ルンゼ奥又、3ルンゼなど)
2日目:藤内小屋〜前尾根登攀〜裏道登山道〜藤内小屋〜名古屋駅
 ※ルートはコンディションによってもっとも良い場所を選択します。このため2日目は1ルンゼ中又になる可能性もあります。
 ・・・どのルートになるかは、その日のお楽しみ?
内容 
 夏の御在所岳前尾根は初めてのマルチピッチクライミングに最適な易しいルートですが、冬季には思いもよらない難ルートになり、そのルートの性格は他の山域にはないモノです。
 もともとが花崗岩の小岩峰をいくつも登るルートで、そこに湿った雪がつくと、ホールドやスタンスを隠してしまいます。また、ルートの内容もフェースクライミングだけでなく、内面登攀も出てくるため、アイゼンと手袋をつけているとちょっと面食らうことでしょう。
 しかし、傾斜はそれほどきつくないので、丁寧にホールドとスタンスを確かめながら、足でじわじわと体をあげていけば登れます。
 今回は、前尾根を登攀したあと、そのまま藤内沢へ懸垂下降し、最後の詰めである3ルンゼの3ピッチのアイスクライミングに継続します。
 2日目のルートはなかなか手強いので、バリエーションルート経験者に限らせて頂きます。しかし、楽しいルートなので、興味ある方は一度お問い合わせ下さい。
 1日目は簡単なマルチピッチアイスに行きます。

 

 御在所1ルンゼ中又 
 4ピッチのマルチピッチアイス。これに行けたら最高なのですが、コンディション次第です。

 行けなかったのしても・・・・・、前尾根は恐らく八ヶ岳のどのバリエーションルートよりも難しく、でも楽しいと思います。2ルンゼ奥又はとても快適なマルチピッチアイスで、核心部の30メートルの氷壁(氷瀑ではなく・・・)も、その後に続く滑滝もそしてラッセルも、きっと他では経験できない楽しさだと思います。
 

費用・集合
費用:お一人6万円 +宿泊費+ガイド経費(宿泊費・交通費の頭割り分)定員2名 
集合・時間 名古屋駅 8時 もしくは現地 (集合場所、時間は相談のうえ決定します)
装備 ○・・・必ず必要 △・・・あれば便利
◎冬山用登山靴 
 ※冬季用、もしくはオールシーズン用。革で防水性があってもスリーシーズン用は不可です。
 ※新しく購入される方は、冬季の3000b(2重靴でない方が良いです)で使用できるモノをオススメします。
 ※ワンタッチアイゼンを付けられる、前後にコバのある冬季用の靴がオススメです。
○上下の冬用ヤッケ(ゴアの雨具も可)
◎冬用の化繊もしくはウールの下着上下(タイツ)
○ウールのシャツもしくは薄手のフリース(中間着として)
○ウールのズボンもしくは薄手のフリースのズボン
○フリースかセーター(防寒用)
○ウールか化繊の靴下×2
○オーバーグローブ
○予備のグローブ(メインのグローブと同等程度が望ましいです)
○フリースか毛の手袋
○ロングスパッツ(オーバーパンツにインナースパッツが付いていても必ず必要)
○目出帽 (帽子とネックウォーマーとの組み合わせは不可)
○サングラス(眩しい時に使用しますが、ゴーグルでは不可です)
○ゴーグル(スキー用でも構いません。)
○ヘッドランプ(手で持つタイプは不可です)

○アイゼン(12本爪) (レンタルあり) ・・・アイスクライミング用でなくとも構いません 
 ※必ずアンチスノープレートを着けてきてください。
○ピッケル (レンタルあり)
○ハーネス (レンタルあり)
○ヘルメット     (レンタルあり)
○アイスバイル2本 (レンタルあり)
△安全環付カラビナ2個
△ATC等の確保器
△120pスリング2本

○行動食(行動中にも気軽に口に運べるもの)
○水筒(テルモス)
△薬品類

△ストック
△薄手の手袋
△耳当て(バンド状のもの目出帽だと暑いとき)
△お酒?
○健康保険証のコピー




トップへ
トップへ
戻る
戻る

山岳ガイド ミキヤツ登山教室は、夏山、冬山ともに国内では八ヶ岳、穂高・槍ヶ岳、剣岳、北岳、小川山、瑞牆山など、海外ではヨーロッパのシャモニ、ドロミテで山岳ガイド、登山教室、雪山教室、クライミング教室を行って
います