八ヶ岳、小淵沢に住む山岳ガイド、加藤美樹・久野弘龍が、ヨーロッパ・シャモニやドロミテ、国内の雪山、冬山、バックカントリースキー、夏山、登山・クライミング教室、ガイドを行っています。

 残雪期 剣岳 八ッ峰〜剣岳 山岳ガイド ミキヤツ登山教室    


 メール・お問い合わせはこちら  mikiyatsu2008@gmail.com
トップページ
募集コース
web登山教室
山行報告
ガイドについて
ガイドの紹介
メール・問い合わせ
コース・行程
1日目:室堂〜剱御前小屋
2日目:剱御前小屋〜長治郎谷出合〜八ッ峰登攀〜劔岳〜剱御前小屋
     (コンディション、メンバー次第では八ッ峰上半〜剣岳〜剱御前小屋)
3日目:剱御前小屋
にて解散
※天候によっては、以下のルートに変更させていただくことをご了承下さい。なおその際は、料金も該当ルートと同じとさせていただきます。
(代替ルート:前穂北尾根 北穂東稜 奥穂高岳 小川山マルチピッチ等
内容 
 八ッ峰は日本でも最も有名な雪稜ルートでしょう。冬期はとんでもなく難しいですが、残雪期は比較的登りやすくなります。しかし、そうは言っても八ヶ岳のバリエーションルートか北アルプスの雪稜ルートの経験が必要です。源治郎尾根よりもワンランク上の技術、体力が必要です。
 ルートは雪稜や雪壁などの登攀に終始し、途中には数カ所の懸垂下降が現れます。出発は朝3〜4時。雪のしっかりと締まった時間帯に登攀を始めます。
 八ッ峰上半から劔岳頂上までも長い行程ですが、振り返ると自分の通ってきたコースを見ながらの行程なので、意外にがんばれるでしょう。
 オススメです。

 
※東京方面から室堂へ行く場合の早い方法 
 @東京駅から新幹線で長野駅
 A長野駅から特急バスで扇沢
 B扇沢からアルペンルートで室堂へ
 詳しくはこちら
 最短で室堂到着12時です(ただし混雑が無い時)。

※東京方面から室堂へ行く便利な方法(アルペンルートの予約が可能なため確実です)
 @東京駅から新幹線で富山駅
 A富山駅から富山地鉄で立山駅
 B立山駅からアルペンルートで室堂へ
 最短で室堂到着13時です(アルペンルートの予約時)。
 この方法は、回り道で高額なイメージがありますが、アルペンルートの料金が安くなるので他の方法とあまり変わりありません。

※天候、黒部立山アルペンルートの運行状況等の都合によっては、参加者のレベル、これまでの経験ルートと重ならない中から、以下のルートに変更させていただくことをご了承下さい
(代替ルート:二子山中央稜小川山マルチピッチ小同心クラック他)
費用・集合
費用:お一人7万5千円 +ガイド経費(宿泊費、ガイド交通費の参加者での頭割り分) + ご自身の宿泊費
集合:室堂13:30 もしくは剣御前小屋

装備 ○・・・必ず必要 △・・・あれば便利
○冬山用登山靴
(冬用、もしくはオールシーズン用。革で防水性があってもスリーシーズン用は不可です。)
○上下の冬用ヤッケ(ゴアの雨具も可)
○化繊下着上下(タイツ)
○ウールのシャツもしくは薄手のフリース(中間着として)
○ウールのズボンもしくは薄手のフリースのズボン
○フリースかセーター(防寒用)
○ウールか化繊の靴下×2
○オーバー手袋×1(ロングタイプ。短い物は使いにくいです。)
○フリースか毛の手袋×2
○ロングスパッツ(オーバーパンツにインナースパッツが付いていても必ず必要)
○目出帽 (帽子とネックウォーマーとの組み合わせは不可)
○サングラス(天気の悪い場合はゴーグル)
○ヘッドランプ(手で持つタイプは不可です)

○アイゼン(10本爪以上) (レンタルあり) 新たに購入される方は必ず12本爪 
 ※必ずアンチスノープレートを着けてきてください。
○ピッケル (レンタルあり)
○ハーネス (レンタルあり)
○ヘルメット     (レンタルあり)
△安全環付カラビナ2個
△ATC等の確保器
△120pスリング2本

○行動食(行動中にも気軽に口に運べるもの)
○水筒(テルモス)
△薬品類

△ストック
△薄手の手袋
△耳当て(バンド状のもの目出帽だと暑いとき)
△お酒?
○健康保険証のコピー



トップへ
トップへ
戻る
戻る


山岳ガイド ミキヤツ登山教室は、夏山、冬山ともに国内では八ヶ岳、穂高・槍ヶ岳、剣岳、北岳、小川山、瑞牆山など、海外ではヨーロッパのシャモニ、ドロミテで山岳ガイド、登山教室、雪山教室、クライミング教室を行って
います