八ヶ岳、小淵沢に住む山岳ガイド、加藤美樹・久野弘龍が、ヨーロッパ・シャモニやドロミテ、国内の雪山、冬山、バックカントリースキー、夏山、登山・クライミング教室、ガイドを行っていま
す。



 八ヶ岳 硫黄岳北面アイゼン講習と天狗岳登頂      

 
メール・お問い合わせはこちら  mikiyatsu2008@gmail.com
トップページ
募集コース
web登山教室
山行報告
ガイドについて
ガイドの紹介
メール・問い合わせ
コース・行程
1日目:小淵沢集合〜桜平〜夏沢鉱泉〜硫黄岳北斜面往復 
2日目:夏沢鉱泉〜オーレン小屋前〜夏沢峠〜天狗岳〜夏沢鉱泉〜桜平(駅解散15:30予定)

※天候により夏沢鉱泉周辺の氷瀑でのアイゼン講習に変更する場合があります。
※天候、コンディションによって1日目と2日目の行動が入れ替わることがあります。
内容 
今回のコースは雪上をたくさん歩くことで、実践的な雪山技術を身に付けることを目標にしています。
教科書によくある、しかし机上の空論になりがちなフラットフッティング主体のアイゼンワークではなく、スリーオクロックを中心とした実践的な歩行技術や耐風歩行を練習しながら登山を行います。

歩行技術(私たちが伝えようとしている技術です)
※赤岳のコースで行っている講習中のものですが、これらを実際の登山の中で練習しながら実践します。


ピッケルでの滑落停止は、トラブルが起きた後の対処法です。
転ばないためのアイゼンワーク、歩き方を知らないのに、滑落停止を覚えても仕方がありません。
それ以前に「事故=転倒」を起こさないためのアイゼンワーク、そしてピッケルでの初期制動の方が遥かに重要な技術であるとお考えください。
また、強風時には耐風姿勢よりも、その場を素早く切り抜ける歩行技術の方こそが重要です。


1日目は硫黄岳北面から硫黄岳を目指しつつのアイゼン講習、天候や状況に応じては夏沢鉱泉周辺の氷瀑でのアイゼン講習を行います。
硬い氷や雪の上で行う、より正確さの求められるアイゼンワークでは、これまで何となく雪の上を歩いてきた方の多くが、「柔らかい雪上で漠然とアイゼンが効いているつもりになっていただけだった」という事に気が付けることでしょう。
赤岳の講習と同様に、硬い氷床や実際に硬くクラストした北斜面でのより的確なアイゼンワークを目指します。

硫黄岳は赤岳鉱泉からだと雪が柔らかく比較的登りやすい山ですが、これを北面の夏沢峠から登ると硬い斜面が連続する、少し難しい山になります。今回はこの硬い斜面で実践的なアイゼンワークを身に付けることが目標です。



2日目の天狗岳では、場合によっては樹林帯での深雪のラッセルを強いられます。
ラッセルは体力も必要ですが、それ以上に重要なのが技術です。
そのコツを掴みながら稜線へ出ると、そこは八ヶ岳でも最も強風に見舞われる場所です。
個々では強風時の歩き方やアイゼンの効かせ方などを実践します。


2日間を通じて雪山を歩くことで、雪上歩行のポイントや、雪山ではこれが危険!といった知識もお伝えさせていただきます。
そして知識を身に付け経験を積むだけでなく、必ず出てくる雪山の疑問に対する答えを一緒に探してみましょう。


夏沢鉱泉利用の硫黄岳、天狗岳での講習は、赤岳のコースに比べて小屋までの行程が短く、それだけアイゼンワークを学ぶため体力や筋力に、余裕でき、講習に集中できることや、森林限界に近いところで行動するため、、強風に晒される時間が比較的少なく済むので、学んだ歩き方を実践しやすいことなどが挙げられます
北八ヶ岳と南八ヶ岳の境に当たるこの地点では、荒々しい南八ヶ岳の硫黄岳、樹林帯の長い北八ヶ岳の天狗岳も経験でき、降雪直後に当たってしまっても、ラッキーなことに?ラッセル訓練なども可能となり、このこともメリットとなるでしょう。
費用・集合
費用:お一人3万5千円 +ご自身の宿泊費+ガイド経費(宿泊費・交通費の頭割り分5千円ほど) 

定員3 最少催行人数2名から

集合・時間 茅野駅東口:9:10 マイカーでの集合8:50茅野運動公園駐車場トイレ周辺
(どちらも小屋の送迎のピックアップですので、列車の遅延などを除き、集合時間に遅れないようにお願いします)


装備 ○・・・必ず必要 △・・・あれば便利
◎冬山用登山靴 
 ※冬季用、もしくはオールシーズン用。革で防水性があってもスリーシーズン用は不可です。
 ※新しく購入される方は、冬季の3000b(2重靴でない方が良いです)で使用できるモノをオススメします。
 ※ワンタッチアイゼンを付けられる、前後にコバのある冬季用の靴がオススメです。
○上下の冬用ヤッケ(ゴアの雨具も可ですが、できる限り冬山用ジャケットが良いです。)
◎冬用の化繊もしくはウールの下着上下(タイツ)
○ウールのシャツもしくは薄手のフリース(中間着として)
○ウールのズボンもしくは薄手のフリースのズボン
○フリースかセーター(防寒用)
○ウールか化繊の靴下×2
○オーバーグローブ
○予備のグローブ(メインのグローブと同等程度が望ましいです)
○フリースか毛の手袋
○ロングスパッツ(オーバーパンツにインナースパッツが付いていても必ず必要)
○目出帽 (帽子とネックウォーマーとの組み合わせは不可)
○サングラス(眩しい時に使用しますが、ゴーグルでは不可です)
○ゴーグル(スキー用でも構いません。)
○ヘッドランプ(手で持つタイプは不可です)

○アイゼン(10本爪以上) (レンタルあり) 新たに購入される方は12本爪にしてください。 
 ※必ずアンチスノープレートを着けてきてください。
○ピッケル (レンタルあり)
○ハーネス (レンタルあり)

○行動食(行動中にも気軽に口に運べるもの)
○水筒(テルモス)
△薬品類

△ストック
△薄手の手袋
△耳当て(バンド状のもの目出帽だと暑いとき)
△お酒?(飲み過ぎないようにしてください)
○健康保険証のコピー



トップへ
トップへ
戻る
戻る



山岳ガイド ミキヤツ登山教室は、夏山、冬山ともに国内では八ヶ岳、穂高・槍ヶ岳、剣岳、北岳、小川山、瑞牆山など、海外ではヨーロッパのシャモニ、ドロミテで山岳ガイド、登山教室、雪
山教室、クライミング教室を行っています