八ヶ岳、小淵沢に住む山岳ガイド、加藤美樹・久野弘龍が、ヨーロッパ・シャモニやドロミテ、国内の雪山、冬山、バックカントリースキー、夏山、登山・クライミング教室、ガイドを行っています。

 積雪期 西穂高岳雪上講習 山岳ガイド ミキヤツ登山教室    
メール・お問い合わせはこちら  mikiyatsu2008@gmail.com
トップページ
募集コース
web登山教室
山行報告
ガイドについて
ガイドの紹介
メール・問い合わせ
コース・行程
1日目:新穂高〜西穂山荘(ロープウェイと歩きで3時間) 到着後 滑落制動を中心とした練習をします
2日目:西穂山荘〜独標〜ピラミッドピーク〜西穂〜西穂山荘〜新穂高

※西穂高はローピーウェイを利用する都合上、強風でロープーウェイが止まる日もあります。この場合は、参加者のレベルを考慮し、以下の同等の代替ルートに変更させて頂きますことをご了承の上、お申し込みください。
内容 
 冬の西穂高岳登頂は、雪稜、雪壁、岩稜の登下降、トラバース、雪山の総合力を問われるルートです。積極的にザイルを使用しながら安全を確保します。
 独標までは多くの登山者が訪れますが、その先はアルピニストだけの世界です。ポイントは独標から先の特にトラバースをする部分です。冬の時期は岩が出ているとアイゼンでは難しく感じるかもしれません。また、春の時期は雪は硬くクラスト(氷化)しており、アイゼンが気持ちよく効く反面、滑落すれば自身で止めるのも難しい危険な状況でもあります。慎重に足を進めれば何の問題も無いので、頑張って行きましょう!
 1日目は希望があればアイゼン講習、滑落制動(停止)の訓練をします。
 2日目は4時〜5時に出発します。小屋の朝食よりも早くに出発するので、朝食を持ってきて下さい
費用・集合
費用:お一人5万円+宿泊費+ガイド経費(宿泊費・交通費の頭割り分)
集合:新穂高ロープウェイ駅12時30分 塩尻駅10時 

装備 ○・・・必ず必要 △・・・あれば便利
○冬山用登山靴
(冬用、もしくはオールシーズン用。革で防水性があってもスリーシーズン用は不可です。)
○上下の冬用ヤッケ(ゴアの雨具も可)
○化繊下着上下(タイツ)
○ウールのシャツもしくは薄手のフリース(中間着として)
○ウールのズボンもしくは薄手のフリースのズボン
○フリースかセーター(防寒用)
○ウールか化繊の靴下×2
○オーバー手袋×1(ロングタイプ。短い物は使いにくいです。)
○フリースか毛の手袋×2
○ロングスパッツ(オーバーパンツにインナースパッツが付いていても必ず必要)
○目出帽 (帽子とネックウォーマーとの組み合わせは不可)
○サングラス(天気の悪い場合はゴーグル)
○ヘッドランプ(手で持つタイプは不可です)
 ※以上、春山装備です。


○アイゼン(10本爪以上) (レンタルあり) 新たに購入される方は必ず12本爪 
 ※必ずアンチスノープレートを着けてきてください。
○ピッケル (レンタルあり)
○ハーネス (レンタルあり)
○ヘルメット     (レンタルあり)
△安全環付カラビナ2個
△ATC等の確保器
△120pスリング2本


○2日目の朝食
○行動食(行動中にも気軽に口に運べるもの)
○水筒(テルモス)
△薬品類

△ストック
△薄手の手袋
△耳当て(バンド状のもの目出帽だと暑いとき)
△お酒?
○健康保険証のコピー○健康保険証のコピー




トップへ
トップへ
戻る
戻る


山岳ガイド ミキヤツ登山教室は、夏山、冬山ともに国内では八ヶ岳、穂高・槍ヶ岳、剣岳、北岳、小川山、瑞牆山など、海外ではヨーロッパのシャモニ、ドロミテで山岳ガイド、登山教室、雪山教室、クライミング教室を行って
います