八ヶ岳、小淵沢に住む山岳ガイド、加藤美樹・久野弘龍が、ヨーロッパ・シャモニやドロミテ、国内の雪山、冬山、バックカントリースキー、夏山、登山・クライミング教室、ガイドを行っています。

 雪山ステップUP 大同心稜〜横岳縦走or阿弥陀岳北稜と雪山講習 山岳ガイド ミキヤツ登山教室      

 
メール・お問い合わせはこちら  mikiyatsu2008@gmail.com
トップページ
募集コース
web登山教室
山行報告
ガイドについて
ガイドの紹介
メール・問い合わせ
コース・行程
1日目:小淵沢〜美濃戸〜赤岳鉱泉 到着後アイゼン・ピッケル・雪山講習
2日目:赤岳鉱泉〜大同心稜〜横岳縦走〜赤岳〜文三郎道〜赤岳鉱泉・小淵沢
 (阿弥陀岳北稜コースの場合 2日目:赤岳鉱泉〜阿弥陀岳北稜〜阿弥陀岳〜中岳沢or同ルート下降〜赤岳鉱泉・小淵沢)
内容 

 赤岳の次のステップをお考えの方にオススメです。
 大同心稜は赤岳鉱泉周辺から稜線に上がる最短ルート。しかしそれ故傾斜が強く、岩場の通過やチョットしたクライミングが出て来ます。
 雪山では風の影響や傾斜、地形によって、雪の上だけでなく岩場の通過が出てくる事があり、このように雪と岩場がミックスした状態がアイゼン歩行の中でも難しい個所になりがちです。
 雪山のステップUPを目指す際には、このミックス状態での行動が不可欠です。


 1日目は氷の斜面を利用してアイゼンの練習をします。
 既に赤岳の講習に来られた方にはお馴染みですが、何度行っても無駄にはなりません。
 また、今回のコースは積極的にアックス(ピッケル)を使うことになります。
 ですからアイゼンの練習だけでなく、これらの使い方もしっかりと練習します。
 
 赤岳のコースに比べて、積極的に登る技術を身に付けるため、必然的にアイスクライミングの練習となります。前爪を積極的に使い、アックスをしっかりとした支点として登ります。
 アイゼンの使い方は既に赤岳で行っており、アックスを支点とするのも(道具が良ければ)それほど難しくはありません。
 ここで身に付けたいのは、どのような場所にアックスを打ち込めば効率よく登れるか。あるいは逆に、手がかりに対して何処に足を移動させれば効率よく登れるかを、練習します。
 
 歩く登山から岩場が出てきて、更にクライミングの要素が出てくると、動きが悪くなる方のほとんどは、これらの手がかりと足場の位置がずれているため効率が悪くなりがちです。これによってバランスが悪くなったり、疲れたりするのです。
 しっかりと練習して、2日目に備えましょう。


 横岳縦走コースの2日目は大同心稜から横岳山頂を経由し、横岳縦走を行います。
 大同心稜は下部の樹林帯は傾斜が強く、中間部でトレースが無い場合はラッセルを強いられます。上部の大同心j基部を進む辺りでは岩と雪がミックスした状態になり、部分的に感嘆ではありますが岩登りも必要になります。
 いったん横岳の稜線に出てしまえば、極端な登下降はありませんが、風が強かったり、気温が低い場合にはそれなりの対応を求められます。
 いずれにせよ、大同心稜自体が一般ルートではないため、良い経験となるはずです。

 阿弥陀岳北稜コースの2日目は阿弥陀岳をバリエーションルートから登ります。ラッセル、雪壁、簡単な岩場でのクライミングがあります。
 クライミングをしたことのある方であれば、練習のために確保をしていただきます。クライミング経験のない方は、ロープの操作をする必要はありませんが、山でのクライミングがどのように進むかを見るチャンスとなります。
 いずれにせよ、特にクライミング経験もロープワーク技術も必要ありません。
 
費用・集合
費用:お一人5万円 +宿泊費+ガイド経費(宿泊費・交通費の頭割り分)定員2名 
集合・時間 小淵沢駅 9時00分
装備 ○・・・必ず必要 △・・・あれば便利

◎冬山用登山靴 
 ※冬季用、もしくはオールシーズン用。革で防水性があってもスリーシーズン用は不可です。
 ※新しく購入される方は、冬季の3000b(2重靴でない方が良いです)で使用できるモノをオススメします。
 ※ワンタッチアイゼンを付けられる、前後にコバのある冬季用の靴がオススメです。
○上下の冬用ヤッケ(ゴアの雨具も可ですが、できる限り冬山用ジャケットが良いです。)
◎冬用の化繊もしくはウールの下着上下(タイツ)
○ウールのシャツもしくは薄手のフリース(中間着として)
○ウールのズボンもしくは薄手のフリースのズボン
○フリースかセーター(防寒用)
○ウールか化繊の靴下×2
○オーバーグローブ
○予備のグローブ(メインのグローブと同等程度が望ましいです)
○フリースか毛の手袋
○ロングスパッツ(オーバーパンツにインナースパッツが付いていても必ず必要)
○目出帽 (帽子とネックウォーマーとの組み合わせは不可)
○サングラス(眩しい時に使用しますが、ゴーグルでは不可です)
○ゴーグル(スキー用でも構いません。)
○ヘッドランプ(手で持つタイプは不可です)

○アイゼン(10本爪以上) (レンタルあり) 新たに購入される方は12本爪にしてください。 
 ※必ずアンチスノープレートを着けてきてください。
○ピッケル (レンタルあり)
○ハーネス (レンタルあり)

○行動食(行動中にも気軽に口に運べるもの)
○水筒(テルモス)
△薬品類

△ストック
△薄手の手袋
△耳当て(バンド状のもの目出帽だと暑いとき)
△お酒?(飲み過ぎないようにしてください)
○健康保険証のコピー




トップへ
トップへ
戻る
戻る

山岳ガイド ミキヤツ登山教室は、夏山、冬山ともに国内では八ヶ岳、穂高・槍ヶ岳、剣岳、北岳、小川山、瑞牆山など、海外ではヨーロッパのシャモニ、ドロミテで山岳ガイド、登山教室、雪山教室、クライミング教室を行って
います