八ヶ岳、小淵沢に住む山岳ガイド、加藤美樹・久野弘龍が、ヨーロッパ・シャモニやドロミテ、国内の雪山、冬山、バックカントリースキー、夏山、登山・クライミング教室、ガイドを行っています。

 赤岳南峰リッジとアイゼン雪山講習 山岳ガイド ミキヤツ登山教室      

 
メール・お問い合わせはこちら  mikiyatsu2008@gmail.com
トップページ
募集コース
web登山教室
山行報告
ガイドについて
ガイドの紹介
メール・問い合わせ
コース・行程
1日目:小淵沢〜美濃戸〜赤岳鉱泉 到着後アイゼン・ピッケル・雪山講習
2日目:赤岳鉱泉〜分三郎道〜赤岳南峰リッジ〜赤岳〜赤岳鉱泉〜小淵沢
内容 

 赤岳の次のステップをお考えの方や、トレースのないリアルな雪山を目指そうとしている方にはお勧めです。

 雪山登山で難しいのは、雪が多い時ではなく、少なく、硬い時です。
 アイゼンの爪を硬い氷雪に上手く効かせて高度を稼ぐ登山は、どこか日本離れした感覚になると思います。

 標高差は小さいですが、それでもトレースを利用せず、自分の力だけで登り切る経験は、必ず今後の雪山登山に良い経験となるはずです。
 ルートを通して、ロープでの確保を行います。自分の技術を出し切れるよう、安心して登ってください。



 1日目は氷の斜面を利用してアイゼンの練習をします。
 既に赤岳の講習に来られた方にはお馴染みですが、何度行っても無駄にはなりません。
 また、今回のコースは積極的にアックス(ピッケル)を使うことになります。
 ですからアイゼンの練習だけでなく、これらの使い方もしっかりと練習します。
 その他にも、雪崩や落石など外的危険の回避法などを勉強しましょう。



 2日目は分三郎道を経て、赤岳西壁の南峰リッジを目指します。
 傾斜は歩く登山としては強すぎるほどで、しかも西風、太陽の光を常に受ける斜面なので、硬く氷化した斜面となります。
 しかし、一日目の練習をしっかりと行えば、こんな立っているのが辛い斜面でも確実に高度を稼ぐことが出来るはずです。
 ルートは氷雪の斜面、岩稜を経て、最後は赤岳の祠に飛び出し、天気さえ良ければ、多くのギャラリーがいるはずです。
 彼らの前に出る前にしっかりと呼吸を整えて、本格的な雪山登山を行ってきた自信と誇りを持って、頂上に飛び出しましょう。
費用・集合
費用:お一人5万円 +宿泊費+ガイド経費(宿泊費・交通費の頭割り分)定員2名 
集合・時間 小淵沢駅 9時00分
装備 ○・・・必ず必要 △・・・あれば便利

◎冬山用登山靴 
 ※冬季用、もしくはオールシーズン用。革で防水性があってもスリーシーズン用は不可です。
 ※新しく購入される方は、冬季の3000b(2重靴でない方が良いです)で使用できるモノをオススメします。
 ※ワンタッチアイゼンを付けられる、前後にコバのある冬季用の靴がオススメです。
○上下の冬用ヤッケ(ゴアの雨具も可ですが、できる限り冬山用ジャケットが良いです。)
◎冬用の化繊もしくはウールの下着上下(タイツ)
○ウールのシャツもしくは薄手のフリース(中間着として)
○ウールのズボンもしくは薄手のフリースのズボン
○フリースかセーター(防寒用)
○ウールか化繊の靴下×2
○オーバーグローブ
○予備のグローブ(メインのグローブと同等程度が望ましいです)
○フリースか毛の手袋
○ロングスパッツ(オーバーパンツにインナースパッツが付いていても必ず必要)
○目出帽 (帽子とネックウォーマーとの組み合わせは不可)
○サングラス(眩しい時に使用しますが、ゴーグルでは不可です)
○ゴーグル(スキー用でも構いません。)
○ヘッドランプ(手で持つタイプは不可です)

○アイゼン(10本爪以上) (レンタルあり) 新たに購入される方は12本爪にしてください。 
 ※必ずアンチスノープレートを着けてきてください。
○ピッケル (レンタルあり)
○ハーネス (レンタルあり)

○行動食(行動中にも気軽に口に運べるもの)
○水筒(テルモス)
△薬品類

△ストック
△薄手の手袋
△耳当て(バンド状のもの目出帽だと暑いとき)
△お酒?(飲み過ぎないようにしてください)
○健康保険証のコピー




トップへ
トップへ
戻る
戻る

山岳ガイド ミキヤツ登山教室は、夏山、冬山ともに国内では八ヶ岳、穂高・槍ヶ岳、剣岳、北岳、小川山、瑞牆山など、海外ではヨーロッパのシャモニ、ドロミテで山岳ガイド、登山教室、雪山教室、クライミング教室を行って
います