八ヶ岳、小淵沢に住む山岳ガイド、加藤美樹・久野弘龍が、ヨーロッパ・シャモニやドロミテ、国内の雪山、冬山、バックカントリースキー、夏山、登山・クライミング教室、ガイドを行っています。国際山岳ガイド連盟・日本山岳
ガイド協会所属

 雪山ステップUP2 大同心稜〜大同心・横岳縦走とアイゼン・ピッケル講習 山岳ガイド ミキヤツ登山教室      

 
メール・お問い合わせはこちら  mikiyatsu2008@gmail.com
トップページ
募集コース
web登山教室
山行報告
ガイドについて
ガイドの紹介
メール・問い合わせ
コース・行程

1日目:小淵沢〜美濃戸〜赤岳鉱泉 到着後アイゼン・ピッケル・雪山講習
2日目:赤岳鉱泉〜大同心稜〜大同心の頭〜横岳縦走〜赤岳〜文三郎道〜赤岳鉱泉or小淵沢解散
内容 
 赤岳の次のステップをお考えの方にオススメです。
 また、ご自身で硫黄岳や天狗岳程度では問題なく歩けても、赤岳ぐらいの登山でトレースが無くなると不安になったり、岩場や傾斜が強くなると不安定さが増す方には今回のコースがお勧めです。
 
 今回のような趣旨で講習を行うコースは二つありますが、2日目のルートの方向性(趣向)が微妙に違うので参考にしてください。

    ・・・登攀要素はそれほど高くないが、本格的な雪山技術と稜線縦走での対策を身につける事を目的としています。
  
    ・・・雪山での簡単な登攀が含まれ、本格的な雪山技術とバリエーションルートを登るのに必要な技術を知ることを目的としています。



 大同心稜は赤岳鉱泉周辺から稜線に上がる最短ルート。しかしそれ故傾斜が強く、岩場の通過やチョットしたクライミングが出てきます。
 雪山では風の影響や傾斜、地形によって、雪の上だけでなく岩場の通過が出てくる事があり、このように雪と岩場がミックスした状態がアイゼン歩行の中でも難しい個所になりがちです。



 雪山のステップUPを目指す際には、このミックス状態での行動が不可欠です。




 1日目は氷の斜面を利用してアイゼンの練習をします。
 既に赤岳の講習に来られた方にはお馴染みですが、何度行っても無駄にはなりませんので、スリーオクロックを中心に行います。
 スリーオクロックは傾斜が強くなったり、足場が不安定になるほど使われる技術です。ステップUPを目指すには、より精度を高めて行える必要があります。

 また、今回のコースは積極的にアックス(ピッケル)を使うことになります。
 ですからアイゼンの練習だけでなく、これらの使い方もしっかりと練習します。
 
 赤岳のコースに比べて積極的に登る技術を身に付けるため、これらは必然的にアイスクライミングに近い練習となります。
 前爪を積極的に使い、アックスをしっかりとした支点として登ります。
 アイゼンの使い方は既に赤岳で行っており、アックスを支点とすること自体、実はそれほど難しくはありません。
 しかし、支点としたアックスを積極的に使って行動するとなると、それは別の話となります。
 アイゼンが使えても、アックスの使い方を知っていても、それらのコンビネーションが悪ければ、バランスの改善は見込めません。

 つまり雪山で傾斜が強くなったり、トレースが無かったり、あるいは岩場が出てくると動きが不安定になる方はココを改善する必要があります。

 右足で上がる際に、アックスは何処にある特率が良いか。
 アックスが左上にある場合は、どちらの足で上がった方が力をセーブできるか。
 アックスを雪面に刺す際の場所、角度と足の位置は、どのような場合にバランスが良くなり、悪くなるのか…。

 ここで身に付けたいのは、傾斜や地形に応じてどのようなアックスの使い方をすれば効率よく登れるか。
 あるいは逆に、アックスの場所に対して、足を何処に、どのように移動させれば効率よく登れるかを練習します。


 ・・・アイスクライミングをするだけでは、このことは身につきません。しかしこれらを理解し、行動すると、アイスクライミングは上手くなります。




 2日目は大同心稜から大同心の頭(頂上)、そして横岳を経由し横岳縦走を行います。
 大同心稜は下部の樹林帯は傾斜が強く、中間部でトレースが無い場合はラッセルを強いられます。上部の大同心基部を進む辺りでは岩と雪がミックスした状態になり、部分的に簡単ではありますが岩登りも必要になります。
 


 いったん横岳の稜線に出てしまえば、極端な登下降はありませんが、風が強かったり、気温が低い場合にはそれなりの対応を求められます。
 いずれにせよ、大同心稜自体が一般ルートではないため、良い経験となるはずです。
 
費用・集合
費用:お一人4万5千円 +宿泊費+ガイド経費(宿泊費・交通費の頭割り分3〜4千円ほど) 
 ※経費につきましては赤岳鉱泉の宿泊料によって変動することをご了承ください。

定員:2名(ガイド1名に対し) 
 ※1日目の講習はガイド1名に対し参加者4名で行うことがります。2日目の登山はガイド1名に対し参加者2名です。

宿泊:赤岳鉱泉(宿泊予約はこちらで行います) 個室利用です。

集合・時間 小淵沢駅:9:00 美濃戸口9:30 都合が悪い時はご相談ください。調整します。
装備 ○・・・必ず必要 △・・・あれば便利

◎冬山用登山靴(厳冬期用) 
 ※冬季用、もしくはオールシーズン用。革で防水性があってもスリーシーズン用は不可です。
 ※新しく購入される方は、冬季の3000b(2重靴でない方が良いです)で使用できるモノをオススメします。
 ※ワンタッチアイゼンを付けられる、前後にコバのある冬季用の靴がオススメです。

○上下の冬用ヤッケ(ゴアの雨具も可ですが、できる限り冬山用ジャケットが良いです)
◎冬用の化繊もしくはウールの下着上下(タイツ)
○ウールのシャツもしくはフリース(中間着として)
○ウールのズボンもしくはフリースのズボン
○フリースかセーター、薄手のインナーダウン (防寒用)
○ウールか化繊の靴下×2

○厳冬期用グローブ
○予備のグローブ(メインのグローブと同等程度が望ましいです)
○フリースか毛の手袋(
※予備のグローブとは、元のグローブを飛ばされたり濡らしたりした場合のものなので、同じグレード、レベルのものが必要だです。
 雪山の稜線では一旦手袋を濡らしたり失えば、そのまま凍傷に繋がるので、何かあった時のためにメインと同等性能のグローブが必要です。
※ミトン(3本指も含む)は操作性が悪いのでお勧めしません。
 グローブをしたままでのアイゼンが装着を含む、全ての作業ができるのであれば構いませんが…。


○ロングスパッツ(オーバーパンツにインナースパッツが付いていても必ず必要)
前開きがお勧め。

○目出帽 (帽子とネックウォーマーとの組み合わせは不可)
○サングラス(眩しい時に使用しますが、ゴーグルのみは不可です)
○ゴーグル(スキー用でも構いません。)
○ヘッドランプ(手で持つタイプは不可です)

○アイゼン(12本爪以上) (レンタルあり) 
 ※靴のサイズが小さく10本爪アイゼンしか使えない方はそのままで大丈夫です。 
○ピッケル (レンタルあり)
○ハーネス (レンタルあり)
〇ヘルメット (レンタルあり)

○行動食(行動中にも気軽に口に運べるもの)
○水筒(テルモス)
△薬品類

△ストック
△薄手の手袋
△耳当て(バンド状のもの目出帽だと暑いとき)
△お酒?(飲み過ぎないようにしてください)
○健康保険証のコピー




トップへ
トップへ
戻る
戻る


山岳ガイド ミキヤツ登山教室は、夏山、冬山ともに国内では八ヶ岳、穂高・槍ヶ岳、剣岳、北岳、小川山、瑞牆山など、海外ではヨーロッパのシャモニ、ドロミテで山岳ガイド、登山教室、雪山教室、クライミング教室を行って
います