八ヶ岳、小淵沢に住む山岳ガイド、加藤美樹・久野弘龍が、ヨーロッパ・シャモニやドロミテ、国内の雪山、冬山、バックカントリースキー、夏山、登山・クライミング教室、ガイドを行っていま
す。

 山岳ガイド ミキヤツ登山教室の山行記録 タキュルトライアングル セラックガリー       

 メール・お問い合わせはこちら  mikiyatsu2008@gmail.com    
トップページ
募集コース
web登山教室
山行報告
ガイドについて
ガイドの紹介
メール・問い合わせ



 
 ミディーケーブルを降りて30分で取り付きへ。
 標高は3800bほどで、高差350bほど。傾斜はすごくきつくはないけど、ミックスのルートが見えるガリーの数だけあります。
 正面の雪田を登るラインがクラシックルートのコンタミヌ・マゾット。右バットレスの右の顕著な氷の筋がシェリークーロアール。
 今回はこのシェリークーロアールの右のガリー、セラックガリーに行きました。
 


 真ん中に氷がシェリークーロアール。人気ルートでシーズンになれば行列ができます。
 セラックガリーはその右のさらに右のライン。
 見た目は簡単そうで、足慣らしには良いと思ったのですが・・・。



 50度ほどの斜面を登り、左上の取り付きへ。



 一ピッチ目は薄いながらもしっかりとしたベルグラ・ガリーから70度ほどの氷壁



 2ピッチ目のおいしいところは加藤がリード。
 しかし傾斜は見た目よりもきつく、しかも氷は薄く、アックスで引っ掛けても割れてしまいます。
 


 うまく岩と氷を使いながらじりじりと高度を稼ぎます。



 あのあたりまで行ってもまだ氷は安定しません。
 打てば岩にあたり、コツコツと穴を開けて引っ掛けて、足は岩においてのぼります。



 上まで行けば、顕著なクラックがあるので支点も取れて一安心。



 傾斜は80度から最後は90度あります。
 


 3ピッチ目は薄いけど快適なルンゼ。



 4ピッチ目のトラバースをはさんで最後はシェリークーロアール



 下降は二人同時に下降。
 セルフビレイも一緒にとると楽です。
 ・・・と、手を抜きすぎました。

 この時の間違い解りますか?
 ロープスタックしますよ。



 二人一緒に降りるとき、さっきのセルフビレイでそのまま二人が連結されて、一石二鳥でスピーディー。
 ロープが細いので、傾斜が強い時はカラビナ二枚で制動力を上げると楽です。



トップへ
トップへ
戻る
戻る



山岳ガイド ミキヤツ登山教室は、夏山、冬山ともに国内では八ヶ岳、穂高・槍ヶ岳、剣岳、北岳、小川山、瑞牆山など、海外ではヨーロッパのシャモニ、ドロミテで山岳ガイド、登山教室、雪
山教室、クライミング教室を行っています