八ヶ岳、小淵沢に住む山岳ガイド、加藤美樹・久野弘龍が、ヨーロッパ・シャモニやドロミテ、国内の雪山、冬山、バックカントリースキー、夏山、登山・クライミング教室、ガイドを行っています。

 初級マルチピッチクライミング講習・三つ峠  ミキヤツ登山教室/国際山岳ガイド・日本山岳ガイド協会 
 メール・お問い合わせはこちら  mikiyatsu2008@gmail.com
トップページ
募集コース
web登山教室
山行報告
ガイドについて
ガイドの紹介
メール・問い合わせ
コース・行程
 初夏、夏の行程
1日目:小淵沢/現地集合〜アプローチ20分〜マルチピッチ講習〜宿泊地(川上山荘、もしくは小淵沢)
2日目:宿泊地〜マルチピッチクライミング、支点構築などの実践〜下山〜現地・小淵沢解散(18時08分の特急に間に合わせます)


 秋の行程
1日目:河口湖駅〜三つ峠裏登山口〜四季楽園 到着後 岩場での各種講習
2日目:マルチピッチクライミング〜四季楽園〜裏登山口〜河口湖


 参加条件 パートナーとのお二人での参加が望ましいですが、お一人での参加も可能です。初心岩登り講習を修了した方

 ・基本的なリード確保、トップロープ確保ができる方(お二人での参加の場合は、お二人ともできることが必要です)。
 ・お一人での参加の場合、今後、パートナーを見つけて二人で登っていく意思のある方。

※すべての作業は、まず低いところで覚えていただきます。地面で反復しても出来ないものを、精神的な動揺のある高所で行うことは、大変なリスクを伴います。リスクを排除し、まずは徐々にステップアップすることが大切です。

※安全に登るためには、迅速な作業、その現場に応じた、マニュアルに頼らない他パーティーとのマナーも大切です。
マニュアルに頼らないためには、自分たちの置かれた状況、相手の状況を把握し、その都度でマナーも考えられる、そういったクライマーを目指しましょう。
内容 

 <参考 バリエーションルートの難しさの目安 ※体力は別です>
レベル0 八ヶ岳(小同心)(稲子岳南壁) 前穂北尾根  北穂東稜  小川山(春の戻り雪)
レベル1 北岳バットレス第4尾根 槍ヶ岳北鎌尾根 小川山(烏帽子岩左稜線) 三つ峠(中央カンテ)
レベル2 劔岳チンネ左稜線 二子山中央稜 錫杖岳(左方カンテ)(1ルンゼ) 小川山(セレクション)
レベル3 北岳バットレスピラミッドフェース  錫杖岳(注文の多い料理店) 
レベル4 八ヶ岳(大同心) 太刀岡山左稜線  滝谷ドーム中央稜  三つ峠(岳1・2)  
レベル5 瑞牆山(調和の幻想)  
レベル6 瑞牆山(ベルジュエール) 海金剛  太刀岡山右岩稜
 
レベル0 体力があれば誰でも可能
レベル1 講習会、ゲレンデ、ジムなど岩登り経験が1回以上あるか、経験はなくても高い所が苦手でない方
レベル2 講習会、ゲレンデ、ジムなど岩登り経験が2回以上ある方
レベル3 トップロープで5.8(X)以上
レベル4 トップロープで5.9(Y)以上
レベル5 トップロープでフェース5.10a以上 あるいはクラック5.9以上
レベル6 トップロープでフェース5.10b以上 あるいはクラック5.9以上


 三つ峠は昔から登られているゲレンデだけあって、気持ちの良いクライミングを楽しむことができます。
 富士山をバックにマルチピッチルートを登れば、きっとクライミングの楽しさを知る事でしょう。

 三つ峠の岩は垂直までの傾斜が多く、ホールドも多いことから、比較的登りやすい岩場です。初心者岩登り講習を終えたら、思い切ってマルチピッチクライミングを楽しんでみましょう。

 1日目は確保支点の作り方や脆弱な残置の強化方法。セカンドのビレイ、その危急時の解除方法、懸垂下降などを練習します。
マルチピッチクライミング自体を楽しむために必要な、スタックさせないためのロープの流れやコツなどを、学習します。
 2日目は亀ルートや中央稜、一般ルートのバリエーションラインなどを登ります。

・残置支点の種類、特性、確認
・中間支点の取り方(やもうえず支点の共用をしたり、他パーティーを抜かなければならない状況でのマナー)
・終了点の作り方
・セカンドの確保(ボディービレイと支点ビレイ)
・各終了点における自己確保の取り方、道具の受け渡し、ロープの手繰り返し
・終了点及び中間支点の回収
・ラペルダウンにおける注意点
(ロープ末端の揃え、結束、ロープダウン時の注意点。状況に応じた確保器のセット位置、バックアップ、次のラペルに対する備え)
・ロープ回収時における注意点
費用・集合
費用:2日間 5万5千万円+ご自身の宿泊費+ガイド経費(ガイドの宿泊費と交通費の頭割り)
   
集合:河口湖駅9:10 現地裏登山口 9:30
宿泊:四季楽園他

装備 ○・・・必ず必要 △・・・あれば便利
○雨具上下
○防寒着(軽いフリースなど)1着
△必要であれば着替えの下着やTシャツ(ただし、重くならない程度に)
○ヘッドランプ(手で持つものは使いにくいです)
 その他基本的な夏山装備

○ザイルのはいるザック(40gもあれば充分です要らない荷物は小屋へ置いていけます)
○ヘルメット <無い場合は要連絡・レンタル有り>
○ハーネス <無い場合は要連絡・レンタル有り>
○120pスリング 1本  <無い場合は要連絡>
○安全環付カラビナ 2個 <無い場合は要連絡>
○エイト環かATCなどの確保・下降器 <無い場合は要連絡>
○クライミングシューズ
○チョークとチョークバッグ
○確保用革製手袋(ホームセンターなどで売っているモノでも構いません。握りやすいモノがよいでしょう)

○行動食(行動中にも気軽に口に運べるもの)
○水筒、1リットル以上は必要です。
○薬品類(日焼け止めなど)

○健康保険証のコピー




トップへ
トップへ
戻る
戻る


山岳ガイド ミキヤツ登山教室は、夏山、冬山ともに国内では八ヶ岳、穂高・槍ヶ岳、剣岳、北岳、小川山、瑞牆山など、海外ではヨーロッパのシャモニ、ドロミテで山岳ガイド、登山教室、雪山教室、クライミング教室を行って
います