八ヶ岳、小淵沢に住む山岳ガイド、加藤美樹・久野弘龍が、ヨーロッパ・シャモニやドロミテ、国内の雪山、冬山、バックカントリースキー、夏山、登山・クライミング教室、ガイドを行っています。

 雪山ステップアップ 裏同心ルンゼと阿弥陀岳北稜 山岳ガイド ミキヤツ登山教室      
メール・お問い合わせはこちら  mikiyatsu2008@gmail.com
トップページ
募集コース
web登山教室
山行報告
ガイドについて
ガイドの紹介
メール・問い合わせ
コース・行程

1日目:小淵沢集合〜美濃戸〜赤岳鉱泉 到着後、裏同心ルンゼを登ります。
2日目:赤岳鉱泉〜阿弥陀岳北稜〜阿弥陀岳〜赤岳鉱泉〜美濃戸〜小淵沢
内容 
 アイスクライミング入門ルートでもある裏同心ルンゼとバリエーションの入門である阿弥陀岳北稜で、積極的なアイゼン、ピッケルの利用を学びましょう。このコースは赤岳の次のステップとしてお勧めしたいコースでもあります。

 人気の二つのコースを登ることにもなるので、お勧めです。

 裏同心ルンゼはアイスクライミングのルートですが、それほど難しい個所はないため、初めてのアイスクライミングでも楽しめると思います。アックスを積極的に使うことと、前爪に立つ感覚をここで覚えておけば、翌日も含めて今後の雪山で役に立つでしょう。

 阿弥陀岳北稜はバリエーションルートですが、比較的困難な場所も少ないので、赤岳での経験があれば登ることができます。
 ただ初めてのバリエーションには、一般ルートを登るのに比べ、更に緊張感が加わります。
 


 雪山経験のある方でも、ピッケルとアイゼンを使いこなすにはそれなりの練習をしなければ身に付けることはできません。
 雪山は夏山と違って登山道を歩くわけではないため、ステップを自分でつくったり、より強い傾斜の斜面を登らなくてはなりません。
 つまり「歩く」から「登る」という行為に変わってきます。
 アイスクライミングはそんな「歩く」から「登る」という動きを身に付けるのに最適な練習になります。

 具体的には「歩き」では手を使わなくても、問題なく移動できますが、「登る」為には積極的に手を使うことになります。
 雪山では手を使うことができないことが多く、そんなときにピッケルを多用することになります。
 赤岳程度の登山では積極的にピッケルを使うことは希ですが、雪山を長く続けていくと必ずこの段階を経なくてはなりません。

 滑落停止などの為にピッケルを使うことは、事後対策ということで「消極的ピッケルワーク」ということができますが、今回のこの講習の目的はトラブルが起き得ないようにピッケルを使用するということで「積極的ピッケルワーク」といえるでしょう。

 1日目の裏同心ルンゼではアイゼンとアックスを積極的に使用することを練習しながら、5つの氷瀑が大同心の基部まで続く裏同心ルンゼルートの完登を目指します。

 2日目の阿弥陀岳北稜では、場合によっては初めから深いラッセルに苦しみ、希に頂までたどり着けないこともありますが、このコースの最たる趣旨は登頂ではありません。
 ラッセルも一つの技術であり、これが上手くならないと体力を無駄に消耗するばかりで、全く前に進めない状況となりかねません。
 ラッセルは確かに辛いですが、体力勝負ではなく、明らかに技術勝負です。
 此処でしっかりとコツを身に付けて、深い雪でも行動できる実力を身に付けましょう。


 阿弥陀岳北稜は、真っ直ぐに頂上を目指す楽しいバリエーションルートであり、隠れた好展望台でもあります。
 おそらく八ヶ岳の中でも最も景色のよい場所で、まさに宙に浮いたような景色を楽しむことができるでしょう。

 全ての行程を終えた時、夏山も含めてこれまでいかに登山というものが、如何に「ただ何気なく歩いていたものだった」ことに気づかれる方も多いのではないでしょうか?

 この山行一回で、全てのものを身につけようというのは困難です。ですが僅かでもこれらのことに気づき、危険の認識を得られただけでも、これからの山歩きに大きな収穫をもたらしてくれるのではないかと思います。
費用・集合
費用:お一人5万5千円 +宿泊費+ガイド経費(宿泊費・交通費の頭割り分)定員2名 
集合・時間 小淵沢駅 9時00分
装備 ○・・・必ず必要 △・・・あれば便利

◎冬山用登山靴 
 ※冬季用、もしくはオールシーズン用。革で防水性があってもスリーシーズン用は不可です。
 ※新しく購入される方は、冬季の3000b(2重靴でない方が良いです)で使用できるモノをオススメします。
 ※ワンタッチアイゼンを付けられる、前後にコバのある冬季用の靴がオススメです。
○上下の冬用ヤッケ(ゴアの雨具も可ですが、できる限り冬山用ジャケットが良いです。)
◎冬用の化繊もしくはウールの下着上下(タイツ)
○ウールのシャツもしくは薄手のフリース(中間着として)
○ウールのズボンもしくは薄手のフリースのズボン
○フリースかセーター(防寒用)
○ウールか化繊の靴下×2
○オーバーグローブ
○予備のグローブ(メインのグローブと同等程度が望ましいです)
○フリースか毛の手袋
○ロングスパッツ(オーバーパンツにインナースパッツが付いていても必ず必要)
○目出帽 (帽子とネックウォーマーとの組み合わせは不可)
○サングラス(眩しい時に使用しますが、ゴーグルでは不可です)
○ゴーグル(スキー用でも構いません。)
○ヘッドランプ(手で持つタイプは不可です)

○アイゼン(12本爪) (アルミアイゼンは不可 足が24センチ以下の人以外10本爪アイゼンは不可) 
 ※必ずアンチスノープレートを着けてきてください。
○ピッケル (レンタルあり)
○ハーネス (レンタルあり)

○行動食(行動中にも気軽に口に運べるもの)
○水筒(テルモス)
△薬品類

△ストック
△薄手の手袋
△耳当て(バンド状のもの目出帽だと暑いとき)
△お酒?(飲み過ぎないようにしてください)
○健康保険証のコピー




トップへ
トップへ
戻る
戻る


山岳ガイド ミキヤツ登山教室は、夏山、冬山ともに国内では八ヶ岳、穂高・槍ヶ岳、剣岳、北岳、小川山、瑞牆山など、海外ではヨーロッパのシャモニ、ドロミテで山岳ガイド、登山教室、雪山教室、クライミング教室を行って
います