八ヶ岳、小淵沢に住む山岳ガイド、加藤美樹・久野弘龍が、ヨーロッパ・シャモニやドロミテ、国内の雪山、冬山、バックカントリースキー、夏山、登山・クライミング教室、ガイドを行っていま
す。

 2008年 5月  山スキー 針木岳スキー        

  メール・お問い合わせはこちら  mikiyatsu2008@gmail.com    
トップページ
募集コース
web登山教室
山行報告
ガイドについて
ガイドの紹介
メール・問い合わせ

2008年5月8日

可愛らしい大沢小屋



 ,KT針ノ木デビューです。
 雪が緩んだり、直射日光が強いのは犬には辛いので、わざわざ曇天を選んで出掛けてみました。


 
 静寂の針ノ木大雪渓


 こんな日は、当然誰も居ない針ノ木大雪渓。
 上に上がるにつれて、ぱらついていた霙は吹雪となって叩き付け、かなり寒い。

 なのにアホ犬は、その強風に煽られて舞い上がる木の葉を一枚一枚追いかけ、折角稼いだ高度もアッという間に駆け下っていってしまう。

 ハッ?と気づいて「マッテェ〜」と、今度は上に向かって猛ダッシュ。

 ・・・どう見ても、私の数倍は動いているような?

 「よくもまぁ?」飽きることなく、これを繰り返すお馬鹿さん。
 ただでさえ高度差は1200bに及ぶ針ノ木大雪渓なのだから、流石に上部では疲れてきたようだ。

 喉の部分を通りすぎた辺りから黒部の谷を越え流れ込む、北西の風に煽られ始める。
 ミゾレはやがて冷たい雪となって、正面から押し返されそうなくらいの強さです。

 爺ヶ岳方面の稜線には、去来する雲が激しく流れ、チョットどうしようかとも思ったけれど、いつもは行くヤマクボカールは無理だとしても、針ノ木峠から見下ろすエメラルドグリーンの黒部ダ
ムくらい目にしたいと、グローブを付けて登り続けた。

 天気が悪くなれば適当に止めるつもりで来たので、アウターはフーディニで、下は薄いガイドパンツのみという舐めた服装が寒くて悔やまれたが、どうせ滑れば1時間とかからず扇沢へは
いつでも戻れる。
 これがスキーのスピードある身軽さでもあるのです。

 KTは、「ねぇ?もうやめない?ネェッてば」と、しつこく板のトップやストックにまとわりついて邪魔をする。

 「下で暴れたオマエが悪いんだよ」

 無視すると、やっぱりシエスタと同じ、切なげな上目使いでシッポを垂れてついて来ます。

 「さぁ、針ノ木峠だよ!KT」
 
 しかし・・見えたのは、足下にある針ノ木小屋の屋根だけでした。

 「何よなんにもないじゃないのさ?」
 「まぁまぁKT、寒いからこっちへおいで」

 凄まじい吹きつけに、雪庇側に回り込んで滑降準備に移る。



 えっへん! 「アタイーは登ったわよ!」なぜだか雪庇の上で威張るKT

 いざ滑り出すと、キャンキャン悲鳴を上げながら猛ダッシュして前に回り込むKT。
 ものすごく邪魔。
 子供なだけに、板の先に回り込む危険が解っていないのだ。

 休ませながら高度を下げたら、谷の中は次第に静かになった。



 大沢小屋の付近で、誰一人居ないと思った大雪渓に団体一行が現れる。
 「まずい!」こちらは人間と見れば大喜びでじゃれつく子犬連れ。
 かち合わないよう迂回して離れると、遠くのリーダーから声が掛かった。

 「みきさ〜ん」
 ???

 後で解ったことだけどその先頭は、何のことはない。昨日も家に行ったばかりの近所の友人だったのでありました。なぁ〜んだ。針ノ木行くンなら言ってよね。

 この日はピラニアで週一開催の「ぼるゼミ」の日。
 オーナーの作ってくれる即興の課題を、みんなでワイワイ解くのです。

 一度小淵沢に戻って、甲府へGOアゲイン。
 疲れて寝てると思ったKTは、逆にアドレナリンばりばり?
 ハイテンションではしゃぎまくっていました。

 帰路の車では大いびき、でしたケド。
トップへ
トップへ
戻る
戻る



山岳ガイド ミキヤツ登山教室は、夏山、冬山ともに国内では八ヶ岳、穂高・槍ヶ岳、剣岳、北岳、小川山、瑞牆山など、海外ではヨーロッパのシャモニ、ドロミテで山岳ガイド、登山教室、雪
山教室、クライミング教室を行っています