八ヶ岳、小淵沢に住む山岳ガイド、加藤美樹・久野弘龍が、ヨーロッパ・シャモニやドロミテ、国内の雪山、冬山、バックカントリースキー、夏山、登山・クライミング教室、ガイドを行っています。

 赤岳西壁・ショルダー左リッジ 山岳ガイド ミキヤツ登山教室   


メール・お問い合わせはこちら  mikiyatsu2008@gmail.com
トップページ
募集コース
web登山教室
山行報告
ガイドについて
ガイドの紹介
メール・問い合わせ
コース・行程
1日目:小淵沢集合〜美濃戸〜赤岳鉱泉 到着後アイスクライミング講習〜行者小屋宿泊 (日程によっては赤岳鉱泉集合)
2日目:行者小屋〜赤岳西壁ショルダーリッジ〜赤岳〜地蔵尾根〜赤岳鉱泉〜小淵沢
内容 

 赤岳西壁ショルダー左リッジは、赤岳主稜の左の更に左のリッジ。赤線がショルダー左リッジ、青線が赤岳主稜です。

 技術的な難しさは赤岳主稜とは変わりありませんが、アプローチやマイナーなルートゆえの難しさを考慮すれば、もう少し難しルートといえるでしょう。

 アプローチは赤岳主稜が文三郎堂をたどるのに対し、ショルダー左リッジは赤岳沢を赤岳西壁に向けてアプローチします。降雪直後でなくとも当然ラッセルの可能性もあるため、体力的には厳しいものとなるでしょう。
 (雪の状態次第では樹林帯(疎林)のラッセルとなります)
 しかし、これが本来の雪山。


 八ヶ岳に残された、比較的取り組みやすい本格的な雪山登山が楽しめるのがこのショルダー左リッジの魅力です。

 

 1日目はアイスクライミングをします。
 氷結状態によりますが、赤岳鉱泉人工アイス、大同心大滝、もしくは峰の松目沢を予定しています。
 自分の技量にあわせて登ることができるので安心して参加してください。

 2日目は荷物を置いて軽装でのアタックです。早朝の出発となるので、ヘッドランプをお持ちください。
 天候が悪い場合、雪崩の危険があるのでルートを変更する場合があります。


 雪山経験があることが参加条件ですが、私たちが求める雪山技術に足りていない場合は、お断りすることがあることもご了承ください。
 ※私たちの赤岳のコースに参加している方は問題ありません。
 ※ほかのガイド、ツアー等で登ってこられた方は、ご相談ください。

費用・集合
費用:お一人5万5千円  +宿泊費+ガイド経費(宿泊費・交通費の頭割り分)
集合・時間 小淵沢駅:9時 都合が悪い時はご相談ください。調整します。
 ・料金説明  ・キャンセル料 ・雨天など、天候不良の場合  
装備 ○・・・必ず必要 △・・・あれば便利

◎冬山用登山靴 
 ※冬季用、もしくはオールシーズン用。革で防水性があってもスリーシーズン用は不可です。
 ※新しく購入される方は、冬季の3000b(2重靴でない方が良いです)で使用できるモノをオススメします。
 ※ワンタッチアイゼンを付けられる、前後にコバのある冬季用の靴がオススメです。
○上下の冬用ヤッケ(ゴアの雨具も可ですが、できる限り冬山用ジャケットが良いです。)
◎冬用の化繊もしくはウールの下着上下(タイツ)
○ウールのシャツもしくは薄手のフリース(中間着として)
○ウールのズボンもしくは薄手のフリースのズボン
○フリースかセーター(防寒用)
○ウールか化繊の靴下×2
○オーバーグローブ
○予備のグローブ(メインのグローブと同等程度が望ましいです)
○フリースか毛の手袋
○ロングスパッツ(オーバーパンツにインナースパッツが付いていても必ず必要)
○目出帽 (帽子とネックウォーマーとの組み合わせは不可)
○サングラス(眩しい時に使用しますが、ゴーグルでは不可です)
○ゴーグル(スキー用でも構いません。)
○ヘッドランプ(手で持つタイプは不可です)

○アイゼン(10本爪以上) (レンタルあり) 新たに購入される方は12本爪にしてください。 
 ※必ずアンチスノープレートを着けてきてください。
○アイスバイル(アックス)2本 (レンタルあり)
○ハーネス (レンタルあり)

○行動食(行動中にも気軽に口に運べるもの)
○水筒(テルモス)
△薬品類

△ストック
△薄手の手袋
△耳当て(バンド状のもの目出帽だと暑いとき)
△お酒?(飲み過ぎないようにしてください)
○健康保険証のコピー




トップへ
トップへ
戻る
戻る

山岳ガイド ミキヤツ登山教室は、夏山、冬山ともに国内では八ヶ岳、穂高・槍ヶ岳、剣岳、北岳、小川山、瑞牆山など、海外ではヨーロッパのシャモニ、ドロミテで山岳ガイド、登山教室、雪山教室、クライミング教室を行って
います