八ヶ岳、小淵沢に住む山岳ガイド、加藤美樹・久野弘龍が、ヨーロッパ・シャモニやドロミテ、国内の雪山、冬山、バックカントリースキー、夏山、登山・クライミング教室、ガイドを行っています。国際山岳ガイド連盟・日本山岳
ガイド協会所属

 御在所岳 マルチピッチクライミング講習と実践    


 メール・お問い合わせはこちら  mikiyatsu2008@gmail.com
トップページ
募集コース
web登山教室
山行報告
ガイドについて
ガイドの紹介
メール・問い合わせ
コース・行程
1日目:名古屋駅、近鉄四日市駅、もしくは藤内小屋前集合〜一ノ壁でリード&フォロー(マルチピッチ形式)でのクライミング講習〜宿泊場所
2日目:宿泊場所〜前尾根登攀〜下山・解散
内容 

御在所岳は標高1000メートル程度の低山ですが、その北面は大きな岩壁が広がっていて、モチロンショートルートなどのゲレンデでのクライミングも良いのですが、良質、かつ長いマルチピッチクライミングが楽しめます。

1日目は一の壁でリード&フォロー(マルチピッチクライミングのシステム)でのクライミング講習。
グレードも5.4〜5.10b(中心は5.9程度)の易しいグレードが揃っているので、落ち着いて多くの本数を登る事ができるでしょう。

クライミングは力を入れる時には全力で、しかし多くの場合リラックスして登る事が必要です。
特にまだ経験が少ない頃は怖さのためにリラックスして登る事が難しく、それがクライミング自体を難しくしてしまう悪循環に陥りがちです。
そんな時は長く易しいグレードのルートを何本も登る事が効果的です。
御在所岳/藤内壁・一の壁は、高さ30m、グレードも5.9以下のルートが数多くあり、ノンビリと、しかし毎回違うルートにチャレンジすることができます。

一の壁ではトップロープでのクライミングは(暗黙のルールとして)禁止なため、今回はリード&フォロー形式で登ります。
※このため、定員が2名となってしまいます…。
マルチピッチのシステムを理解するのにも最適なので、マルチピッチクライミングに興味のある方は是非ご検討ください。

2日目は御在所岳前尾根をのんびりと登ります。
参加者のレベルに合わせて、ラインを選びながら登るのでこの日もクライミングに慣れる良い機会になると思います。

関西圏、東海圏の方には知られている御在所岳ですが、関東圏からも訪れる価値のある岩場なので、是非ご検討ください。


 ※マルチピッチクライミングルートの比較表 参考にしてください
費用・集合
ガイド費用:2日間5万円 + 宿泊費5000円程度+ガイド経費5千円程度
集合:名古屋駅7:40  近鉄四日市駅8:30 湯の山温泉駅9:00 もしくは 藤内小屋9:30
 ※何れの場合も目安で、参加者の都合に合わせて後日打ち合わせとなります。

日帰りマルチ方式講習のみ (定員2)
・2万5千円(募集の結果、参加者がお2人となった場合) +ガイド経費(交通費の頭割り) 3千円程度 
・3万円(募集の結果、参加者がお1人の場合)+ガイド経費(交通費等) 5千円程度


装備 ○・・・必ず必要 △・・・あれば便利
○雨具上下
○防寒着(軽いフリースなど)1着
○ヘッドランプ(手で持つものは使いにくいです)
 その他基本的な夏山装備

○ザック(40gもあれば充分です。小さなアタックザックが便利です。)
○ヘルメット <無い場合は要連絡・レンタル有り>
○ハーネス <無い場合は要連絡・レンタル有り>
○120pスリング 1本  <無い場合は要連絡>
○安全環付カラビナ 2個 <無い場合は要連絡>
○エイト環かATCなどの確保・下降器 <無い場合は要連絡>
○クライミングシューズ
○チョークとチョークバッグ
○確保用革製手袋(ホームセンターなどで売っているモノでも構いません。握りやすいモノがよいでしょう)

○行動食(行動中にも気軽に口に運べるもの)
○水筒、1リットル以上は必要です。
○薬品類(日焼け止めなど)
○健康保険証のコピー




トップへ
トップへ
戻る
戻る


山岳ガイド ミキヤツ登山教室は、夏山、冬山ともに国内では八ヶ岳、穂高・槍ヶ岳、剣岳、北岳、小川山、瑞牆山など、海外ではヨーロッパのシャモニ、ドロミテで山岳ガイド、登山教室、雪山教室、クライミング教室を行って
います