八ヶ岳、小淵沢に住む山岳ガイド、加藤美樹・久野弘龍が、ヨーロッパ・シャモニやドロミテ、国内の雪山、冬山、バックカントリースキー、夏山、登山・クライミング教室、ガイドを行っていま
す。
 瑞牆山マルチピッチ 山旅黄昏・山河微笑・錦秋カナトコルート   
メール・お問い合わせはこちら  mikiyatsu2008@gmail.com
トップページ
募集コース
web登山教室
山行報告
ガイドについて
ガイドの紹介
メール・問い合わせ
内容
 

 瑞牆山のクライミングというと、難しい上級者向けのコースが多いのですが、今回のコースはその中でも中級レベル、クラックよりもフェイスクライミング主体で登れるルートを選びました。
 錦秋カナトコルート下部2ピッチ〜山旅黄昏ルート3ピッチを登り、一旦下降後に山河微笑ルートを2〜3ピッチ、全7〜8ピッチのクライミングです。

 1日の前半戦、カナトコ、山旅黄昏ルートの核心部は上左写真の浅いフレーク状クラックからスラブを登るピッチで、ほぼフェイスクライミングとなります。ルート上に出てくるクラックは、最終5ピッチ目の出だし部分のハンドクラックですが、短いので思い切って動けばジャミングの知識があれば練習感覚で登れるでしょう。

 後半戦の2ピッチはオマケですが、易しいフェイスクライミングの1ピッチ目と、長いチムニーが続く2ピッチ目となり、3ピッチ目はチョット難しく感じるハンドクラックです。これを登ると前半戦の最終ピッチに合流します。

 難しくて自分には無理!と思って瑞牆山を敬遠しているのであれば、まずこのルートから始めてみましょう。
 ハヤブサや鷹が普通に眼下を飛んでいるような自然が残されているのが瑞牆山です。
費用・集合
費用:お一人3万円 +ガイド経費(交通費の頭割り分)
集合・時間 小淵沢駅:9時 都合が悪い時はご相談ください。調整します。
 ・料金説明  ・キャンセル料 ・雨天など、天候不良の場合  
装備 ○・・・必ず必要 △・・・あれば便利
○雨具上下
○防寒着(軽いフリースなど)1着
△必要であれば着替えの下着やTシャツ(ただし、重くならない程度に)
○ヘッドランプ(手で持つものは使いにくいです)
 その他基本的な夏山装備

○ザイルのはいるザック
○ヘルメット <無い場合は要連絡・レンタル有り>
○ハーネス <無い場合は要連絡・レンタル有り>
○120pスリング 1本  <無い場合は要連絡>
○安全環付カラビナ 2個 <無い場合は要連絡>
○ATCなどの確保・下降器 <無い場合は要連絡>
○確保用革製手袋(ホームセンターなどで売っているモノでも構いません。握りやすいモノがよいでしょう)


○クライミングシューズ
○チョークとチョークバッグ
〇テーピング用のテープ

○行動食(行動中にも気軽に口に運べるもの)
○水筒、1リットル以上は必要です。
○薬品類(日焼け止めなど)

○健康保険証のコピー

トップへ
トップへ
戻る
戻る



山岳ガイド ミキヤツ登山教室は、夏山、冬山ともに国内では八ヶ岳、穂高・槍ヶ岳、剣岳、北岳、小川山、瑞牆山など、海外ではヨーロッパのシャモニ、ドロミテで山岳ガイド、登山教室、雪
山教室、クライミング教室を行っています